愛猫ヘルスケア~ご飯の考察~

身体と器の大きさから
逆だろうな、と思っていたのだけど・・・

あーそれでいいのだね。
猫に人の常識は関係ない。。。のであります。

 

さて、全国の猫僕の皆様。

本日も、貴重なお時間を
当記事にお越し頂きありがとうございます。

皆様・・・愛猫の

食事、生活習慣、運動、行きつけの病院など
ヘルスケアはどうされてますか?

猫僕には永遠のテーマ。。。

 

ワタクシ、じじも
猫との生活初挑戦から3年ちょっとでして・・・
周りに猫をパートナーとしている人も、まだまだ少なくてですね。
※ちなみに、初挑戦当初は寝る間も惜しんで調べてました。ステマ製品もよく試しました・・・

 

ネットを辞典に、猫の事で気づいたり、気になったことを
もう手が空いたら調べて調べて過ごしてまいりました。。。

それでも、昼夜頭から離れない時もあって
宅の猫の保護先の保護団体の方にどうされているか聞いたり・・・

結局のところ
きっと皆さんそうじゃないかなと思うのですが
一緒に居てみての直感、的なものに・・・
落ち着くのかな?とは思うのですが。

 

本記事は、そんな愛猫のヘルスケアという
はっきりとした正解がないお話しを書かせて頂いてます。

でもそれって人間の健康情報も同じことが言えるので
猫に限った事ではありませんけどね・・・。


さて、猫も人も健康に関しては同じ。
まずは、食事について。

 

で、じゃあ、何をあげたらいいのかと調べ始めますと

これがまたピンキリで
深淵なるキャットフードの世界を垣間見ることになります。。。
これもまた、人間世界の何かに似ているような・・・

しかし、人間の食事はというと、結構、粗食といわれる
いわゆる、昔ながらの質素な食事が身体に良さげですのに対し

猫は完全なる肉食。

キャットフードのなかでも品質の良さげなものは
少量でも、結構高価です。
何しろ、主原料「いいお肉か、魚」なんで。

キャットフード探してる時、何度か思いました。。。
その肉と魚、うまそうじゃのう・・・と。
人間用にも、ほんとの総合栄養食があったらいいのにな。。。

それで、色々、我が家の猫たちに食して頂いて思いました。
すべてのキャッツがそうではないと思うのですが

高いご飯より安いご飯、食いつき良いな。と。

つまり、猫も人の子と一緒というか
ステーキより、ポテチが好き。といいますか。

 

ペットフード業界の知人とかもいないし
私は利用者側なので、ホントの所を知る術はないのですが。

製品後ろの原材料を見てみると
猫にとって、食べた時はなんでもなく
多分、長く摂取するとジワジワくるような?

ヤヴァそうな添加物!イロイロハイッテね?!
・・・という感じのフード、多くないっすか?と思うわけです。
大きな企業が作るキャットフードに多い気がするゼ。。。

そういう点を鑑みても色々調べるほど
我が国日本は、残念ながらペット後進国であると感じます。
※ペットっていういい方もちょっと好きじゃないし?

なんなら、まだ、店頭型のペットショップもいっぱいあるし?
なんだか、彼らに申し訳なくてならないんですよね。

更に売れなかったその後を想像するに、もう、いたたまれないですよね・・・。
一刻も早く、私を含めた人間の意識が変容することを祈るばかりです。

調べながら、日本よりはアメリカ
そしてオーストラリア、カナダ、よりは
ドイツ、ニュージーランド。
あたりのものに良いご飯が集まっている気がしました。

で、よさげなーのーに
日本の会社が仕入れ先になって売ってるやつ

えっらい、高いよね?

ほんと20年20年て書いたステマ沢山ありますよね。
そこに、愛はあるのかい?

どれだけの猫が試し続け、どれだけの猫がそれを達成したのか。
お商売をするのに利益を追求しない訳にはいきませんが。

猫愛につけこんだステマ、私は、嫌~。
オカネノニオイ、プンプン丸。

そうして垣間見るピンキリの世界なのでありました・・・。

 

昨今の猫ブームのせいなのか猫製品は高額商品多いです。

マクアケなどの先行投資型サイトなどで
個人でご飯作ってる人もいますね。頑張ってほしい。

けーどー?
やっぱり私たち一般人や、多頭飼育のおうちには
恐らく、高い。
続けてくには高価なものは続かない。。。

もし、費用対効果ジャストフィットなご飯に出逢えたら
その次に来る「医療費」が、ちょっと抑えられますし
健康な子が健康に暮らせることは奇跡だと思うので
健康なうちに気を配りたいと思うのが親心です。
これは、全く人間にも言えてしまうことですが・・・。

 

「越えろ20年、目指せ30年。」とは

我が家の愛猫、幸くんの兄弟猫の里親さんが仰った名言思わずメモしました。

人も猫も健康寿命をいかに保つか、が
幸せに暮らす鍵ですよねえ。。。

だから、そこは人と同じように良いご飯と良いお水(軟水)を良い量で。

色々なフードを試してきましたが
我が家は2匹の猫が、結構お互いのご飯を食べ合う(笑)ので
ひとつ、ふたつ、やっと
これかなあというのが3年越しに見つかってきた感じです。

ジョセラ (Josera) ネイチャーキャット グレイインフリー 成猫用 (2kg)
ジョセラ (Josera) ネイチャーキャット グレイインフリー 成猫用 (2kg)
メディファス キャットフード アドバンス グレインフリー 1歳から チキン&フィッシュ味 1.25キログラム (x 1)
メディファス キャットフード アドバンス グレインフリー 1歳から チキン&フィッシュ味 1.25キログラム (x 1)

この辺です。

ジョセラはドイツのメーカーさんですが
原材料欄がスッキリしていて好感が持てます。
価格については、楽天は法外で(笑)

公式サイトが一番安いです。

メディファスはAmazonですと
いつも価格が違いますが、そこそこ安いです。
元々安いですし。

 

話は少し変わって・・・
youtubeで、ある獣医さんがドライフードに関しては
いろんなものをあげておくのがいいと仰ってました。

理由は、何かしらの食品事故などがあった時に
リスクを分散できるからというものでした。

怖いなあ、でも、あるかもだよね。
また、災害などのイレギュラーな時などでも
色々なものを食べられるようにという考え方もあるようでした。

なるほどね~。

そして、猫は本来、生食だから
本当はドライフードよりウエットフードの方が合うらしいことも仰ってました。

なるほどね~。

でも、ウエットフードは、少しお安めのものでも
毎日複数に与えるとなると猫食費が爆上りします。多分。
更に取り置いておけないし腐りやすい。
そういうリスクがあり、扱いにくいです。

小分けに冷凍して、食べる前に熱湯をかけるなど
冷凍技術を駆使して工夫されている方もいますが
なーんか、私はうまくできなかったなあ。。。

何にせよ、ネットには先人の知恵が溢れていますね。
ネット様様です。

得てして我が家は、ドライフード派となりました。
何故なら、我が家の猫様方が
ウエットの総合栄養食を食べないからです。
高いの買いこんじゃった時、ショックでした。。。

ただ、ドライフードも
管理しやすいようで案外そうでもなく
時間が経つと風味が飛ぶのか、シケルのか
猫たちの食いつきが非常に悪くなるようにも感じていました。。。

まあ、私たちもポテトチップとか、開けたら食べない分は
なるべく密閉しますもんね。
でも、数日すると、しけっちゃいますもんね。
それと一緒なのかな~?と、ある日思いまして・・・

我が家では食品を真空パッキングする機械を購入しました。

機械は高くないけど、袋が単価高めです。

私が購入したのとは違うんですが
(私はアマゾンにて購入。中国製っぽく、もう売ってない。)

こんな感じの価格帯で、説明書も読めないような(笑)
シンプルなやつです。
購入から2年以上経つと思いますが、無事使えてます。
念のため、楽天の方がお店の審査しっかりしてそう(笑)

私は、こういう↑袋タイプが使いやすかったですが

こういうロールタイプもあり、使ってみました。
これは、幅が15cmの小さ目なやつ。
※たしか、15cm・20cm・28cmってあったかも。お調べくださいね!

猫のフードをしまうのに28cmとかは大きすぎな感じがしました。
機械が安物なせいか、幅が合ってないのか・・・
空気が上手く抜けなくて苦労しました。

幅は、20cmくらいまでが使いやすかったです。

でも、色んな大きさあると、料理など他の用途でも使えますし
やはり最初は、上の袋状のがいいかもです。

ロール状のものも、持ちは良かったです。
最初に片方閉じなきゃいけないので、ちょっと、そこがめんどくさいです。

 

我が家では価格と猫の食いつき、体調(うんち)を総合的に見て

先ほど文中にあげたジョセラとメディファスを中心にあげてますが
こればかりは、各家庭で猫様の体質と
猫僕様のお財布との応相談という感じですよね。

ただ、私は、どこのメーカーを選んでも不正解はないと思っています。
それを言っちゃあおしまい感あるんですけど。

どこのメーカーを選んでも
どんなに最初の食いつきが良くても・・・
猫僕の皆様を悩ます・・・

カリカリ、飽きて食べない。問題。

その問題には

コチラ↑をふりかけたりしていました。
これは、飽きずに食べてくれる魔法の粉じゃ(笑)
ただのササミらしいんですけど、食いつきが凄すぎ。

あとは、生食という事を加味し

この辺りの非加熱系フリーズドライで、猫の総合栄養食であるものを

手当たり次第探しまくりました(笑)
総評として一つ言えるのは、高い。仕方ないけど。

まずは、お試しサイズのある
試さなきゃこわくて買えないっすー。

この2品辺りはオススメです。
でも、先のささみで十分かも(笑)

 

超高いプレミアムフードであっても
成分がその子の体質に合わないとか・・・
もはや食べない(笑)とか・・・論外ですし。
※すごく良さそうなフードだったのに見向きもしないという事が、我が家でもありました。

 

そうかと思えば
色とりどりの着色フードを食べ続けても、現在25歳デス☆
などもチラっと聞いたことがあり
あー、そうなんだなー。と思うばかりです。

 

今では結局、納得感。

そして・・・猫の💩良ければ全て良し。とも思います。

時々、見直しつつ。体重計りつつ。
ウンチと毛艶、目や鼻、耳の状態や匂いをチェックしつつ。
健康診断受けてもらいつつ。

地球に生まれて身体を借りたらさあ・・・
ほんとの寿命なんて、わからないんだけど。

健康寿命、保っていくべし!!!べし!!べし!!

 

・・・しかし書いてて思ったのは
人間と猫、状況はあまり変わらないかもですねえ・・・。
人間も今や、添加物など、毒漬けですもんねえ。
どうやら、人間は、家で使う調味料から
無添加のものに変えてみるといいと聞きましたが・・・
結構、お高めですよね(笑)

猫よりは長生きしなきゃなあ。。。

どなたかが
猫より1日長く生きたいって言ってたけど

激しく同意(笑)

長文お読み頂きありがとうございました☆
皆様もお身体お健やかに~~~。
猫より長生きしましょう。

じじ

コメント

タイトルとURLをコピーしました